社員の健康を考える

投稿日時:2015/12/21
12/20日曜日。東京のホテル椿山荘で開かれた「健康経営シンポジウム」に参加。


日本は世界一の長寿国として知られるが、実は「平均寿命」と「健康寿命」の間には10年近い開きがある。つまり「平均80歳」は寝たきりで長生きする高齢者が平均値を押し上げているという現実があり、それが増え続ける医療費の要因にもなっている。

では、健康で長生きするために一体我々に何ができるのか?

そのカギを握るのが企業経営者であり、中でも国内380万社の99.7%を占める中小企業の経営者が社員の健康に対し意識と責任感を高めた「健康経営」を実践しようというのがシンポジウムの主旨。主催は「公益資本主義推進協議会(PICC)」と医療現場を熟知する「日本医師会」。医師会が経営者団体とがタッグを組むのは珍しいという。


今回の気づき。

PICC大久保会長は「健康経営はコストではなく投資と捉えよう」と説明した。その一例としてSCSK社では投資額の3倍のリターンを得たという。そうした成功事例が増えるにつれて近い将来、「健康経営レベル」が採用などの際に会社の価値を計る一つの指標になりそうだ。


弊社もこれまでクルーに毎年人間ドック受診させるなどしてきたが、まだまだ出来ることが山ほどある(むしろ何もやっていないに等しい)と大変勉強になった。立案中の2016年経営計画書には「弊社なりの健康経営」を盛り込みたい。
※シンポジウムで流れたPICCの原丈人最高顧問のメッセージ映像は弊社制作です。「健康経営」について説得力ある内容です。↓


未分類 トラックバック(0)

大きな家族のように

投稿日時:2015/11/14
「学校に参観日があるように、
会社にも参観日があるといい!」

そんな思いつきで始まったのが
カウテレビジョンの家族懇親会です。

2年目の今年も
ピエトロさんに協力いただき、
クルーと家族約30名で開催しました。


実際、家族の声を聞いてみると

「我が子の仕事場での様子を知りたい」

「パパのお仕事を見てみたい」

「ちゃんと働いているのか気になる」

という声は多いものです。

その不安を、安心に変えたいと。




偶然にも優里が誕生日でした。




カウテレビジョンは、大切な家族。

☆クルー募集中(詳しくはクルーBlogで)

カウテレビ成長の記録 トラックバック(0)

カウテレビジョン2016年入社の採用スタート

投稿日時:2015/10/23
株式会社カウテレビジョンでは
2016年4月入社の採用活動をスタートしました。

人生を価値高く生きたいあなた、
カウテレビジョンの一員として名乗りを上げませんか?

P1230010.jpg
2015年10月 秋合宿のワンシーン

詳細は、コチラからご確認下さい。
http://cowtv2.blog133.fc2.com/blog-entry-1285.html

未分類 トラックバック(0)

誇り高き父・髙橋清廣

投稿日時:2015/08/01
父が逝去しました。

72年と10ヶ月の、誇り高き人生でした。
最期まで、「ありがとう」「ありがとう」と言ってこの世を去りました。

公務員として59歳まで勤め上げた父。
寒蘭をこよなく愛し、母から蘭キチと呼ばれた父。
3人の子どもを連れて川遊びをしてくれた父。
僕が悪さをした時は一緒に謝ってくれた父。
どんな時にも前向きで、子の背中を押してくれた父。

数え始めたらとめどなく父との思い出が出てきます。

中でも、思い出深いのが、
僕が高校を卒業し、実家を離れる時のこと。

父は僕をスナックに連れていき、川島英五の「野風増」を歌ってくれました。

「お前が二十歳になったら」

あれから25年。

今年、父の孫に当たる高橋家の長男が生まれました。

今度は僕が、「野風増」を歌う番です。

命のバトンを受け継ぎ、今日を全力で生きることを父に約束します。

お父さん、ありがとう。

髙橋康徳

未分類 トラックバック(0)

大久保秀夫塾を卒業しました

投稿日時:2015/04/25
このたび、約2年間学んできた「大久保秀夫塾」を卒業しました。大久保塾長、平良講師をはじめ講師陣・運営陣の皆様、そして共に学ばせていただいた同期の仲間たちに心から感謝します。



大久保秀夫塾とは、株式会社フォーバル(東証一部)の創業者であり現会長の大久保さんを塾長に、第1クール「在り方編」、第2クール「やり方編」の順で学ぶ経営塾です。東京2期の同期生は、東北、関東、東海、大阪、九州と全国から熱心な仲間が集まり切磋琢磨しました。




まず、在り方編では大久保塾長の経営者人生を元に心構えを学び、次にやり方編で、理念、100年ビジョン、三ヶ年中期経営計画、会議態、アクションプラン、評価制度づくりなどをみっちり叩き込まれました。毎回宿題もあり、途中で投げ出したくなることもありました。正直言って落ちこぼれずに付いていくのがやっとでした。

で、塾に行く前と後とで何が変わったのか?

思うに、僕が一番変わったのは、経営者として自信を持ってアクセルを踏めるようになったことかと思います。

僕は11年前、テレビ局の安泰を捨てて起業したものの、その後の10年間は「おっかなびっくり」の企業運営でした。その理由は色々ありますが、ひと言で表すと「事業に対する確信が不十分だったこと」でした。

そんな中で大久保塾と出会い、まず優先すべき価値観として、社会性>独自性>経済合理性の順番が大事であることを学び、自社を振り返るとカウテレビジョンの事業がまさにその順番に適っていることに気付きました。さらにその後、やり方を学んだことで、ブレない「判断の軸」をようやく持つことができました。

その結果、1年ちょっと前まで社員6名だったカウテレビジョンは今では社員14名となり、その組織規模拡大に比例して、いよいよ組織運営へと舵を切ろうとしています。

そして今、大久保塾を卒業した自分に課されるのは、塾の教えが正しいことを実践経営を通じて証明すること。そしてその考え方を広めていくことです。三方よし、浮利を追わず、足るを知る。そうした日本古来の経営システムと価値観こそが世界を救うのだという矜持を持って、これからの時代を切り拓いていきます。

2015.04.25
株式会社カウテレビジョン
高橋康徳




カウテレビ成長の記録 トラックバック(0)

親の想いを背負う

投稿日時:2015/02/01
熊本へ。4月にカウテレビジョンに入社する新入社員のご両親の訪問です。新幹線で33分、熊本は近い!


熊本の名門ホテルキャッスルにて

去年からスタートしたこの「ルーキー家庭訪問」は、カウテレビジョンという小さなベンチャー企業に我が子を託してくださる親御さんの不安を、少しでも和らげようという試みです。

・まず僕が自己紹介をし、
・企業理念や事業内容を説明する
・雰囲気や価値観も伝える

というだけでなく、

・我が子をどう育ててきたのか?
・幼少期はどんな子だったのか?
・ご両親のお仕事のこと

など、1時間以上にわたってお話しさせていただきました。本当に貴重な有り難い時間でした。

社員1人1人に両親がいて、それぞれに我が子に託す想いがあります。企業が背負うのは、社員やお客様からの期待だけでない。その背後にいる家族や友人の期待想いも一緒に背負うんだと、今年も噛み締めました。

大切に育ててきたご両親の想いに報いるよう、彼と先輩クルーと、一生懸命に努力します。

2015.02.01
素晴らしい天気の日曜日に
株式会社カウテレビジョン
代表取締役 高橋康徳

カウテレビジョン採用情報

凡事徹底リスト(バージョン3)
2月1日
○ 理念チェック
○ 早起き6時まで・・・6:15
○ 凡事チェック
○ 体重計に乗った?
○ がっちり握手
○ 上機嫌でいる
○ 刺激に会う:ルーキーのご両親
○ 家族、先祖に感謝
○ チーム、友人、お客様に感謝
○ お礼ハガキ/メール/FAX
○ 寛容の精神を心がける

カウテレビ成長の記録 トラックバック(0)

二十歳の時に知りたかった事

投稿日時:2015/01/16
成人式で記念講演

福岡県宗像市の成人式での記念講演を依頼されました。

着物に身を包んだ新成人が聴いてくれました
晴れ着に身を包んだ新成人の皆さんたち


お相手は新成人800人+保護者の合計1000人。生涯一度きりの成人式。責任重大です。二十歳の彼らに一体何を伝えるのか?どんな話だと喜んでもらえるのか?大プレッシャーを感じながら正月休み返上で考えた講演内容とは↓こんなものでした。

「小さな出会いが人生を変える」

講演タイトルは「二十歳の時に聞いておきたかった出会いと決断の話」


宮崎の片田舎の公務員家庭で育った平凡な自分の人生は、二十歳以降の数々の出会いによって大きく拓けてきた。シドニー、パイナップル、テレビ局、9.11、起業・・・あらゆる機会は「人との出会い」がきっかけだった。師と仰ぐ大久保秀夫さんから伝授された「出会いと決断の教え」の話も交えながら、あらん限りの情熱を振り絞って語らせていただきました。

宗像市の皆さん、貴重な場面にお招きいただき感謝します。ありがとうございました。(宗像市役所職員の櫻井さんと小野さん、聞きに来てくれて嬉しかったです。お役を果たせてホッと一安心しています。)

講演後にお花をいただきました
講演後にはお花までいただきました。ありがとうございました!



珍しい成人式

ところで、この宗像市の成人式は宗像青年会議所(宗像JC)が市から委託を受けて企画・運営しているというという、全国でもレアな形態をとっていました。自治体業務の民間委託推進の一環として6年前からこの形になったそうです。

聞くと、その成果が素晴らしく、運営費(=税金)は以前の3分の1程度にまで下がったそうです。それまでは市職員が総出で式典を運営していたそうですが、委託によって人件費を大幅カット。

しかも、市議全員が一人ずつ紹介される慣例も「成人式の主役は誰だ」と目的に立ち返って廃止されるなど、式自体のクオリティは年々アップしているというから素晴らしいです。

宗像青年会議所の的場英雄理事長
ホストしてくださった宗像青年会議所の的場英雄理事長


成人式を民間委託している自治体は全国でも宗像市が先駆けとのことで、官民連携のモデルケースとして今後さらに広がっていくことを期待したいです。

2015.01.12
株式会社カウテレビジョン
代表取締役 橋康徳

動画年賀状「お年賀TV」(2015年元旦発行)

凡事徹底リスト(バージョン3)
1月16日
○ 理念チェック
× 早起き6時まで・・・6:15
○ 凡事チェック
○ 体重計に乗った?
○ がっちり握手
○ 上機嫌でいる
○ 刺激に会う:モチアップ金曜天神会場の皆さん
○ 家族、先祖に感謝
○ チーム、友人、お客様に感謝
○ お礼ハガキ/メール/FAX
○ 寛容の精神を心がける

講演しました トラックバック(0)

TNC特番12/21「仕事も遊びも一生懸命」

投稿日時:2014/12/17


10年前。
31歳の僕は「一人前のドキュメンタリー作家になる」という目標を掲げ、お世話になったテレビ局から独立しフリーのディレクターになりました。しかし現実は厳しく、制作しても制作しても食うのがやっと。次第ににっちもさっちもいかない状況になり、気が付くと僕は先の見えない迷路にいました。

そんな中で、生き残るためには「インターネットTV事業に集中するしかない」と、僕はそれまで制作を請け負っていた地上波テレビ局からすべて手を引くことにしました。2005年2月のことです。これがカウテレビジョンのインターネットテレビ事業のスタートでした。

しかし、売上は激減、生活はさらに不安定になり、精神的に追い詰められた時期もありました。しかし、そこから一歩ずつ、一人ずつ、福岡の方々からの理解をいただき、その皆さんからのご厚意のお陰で、現在では社員11名がなんとか食べていけるようになりました。

あれから10年。

実はこのたび、ピエトロの村田社長からの声かけで、これまでずっと封印していた地上波テレビ局の番組を、久しぶりに制作することになりました。それが、イタリア・ミラノで開かれた「ピエトロ35周年イベントの密着ドキュメント」です。今週日曜日(12/21)の深夜にオンエアされる運びとなりました。

今回の番組は、カウテレビジョンの紆余曲折の10年間だけでなく、僕をテレビマンにイチから育ててくれたTNCへの恩返し、また弊社で新卒からずっと一緒に働いてくれた制作者・元吉賢司の想い、そしてカウテレビジョンのクルーたちが一人一人様々な形で関わってくれて完成したものです。

番組情報
テレビ西日本(フジテレビ系列福岡)
タイトル「仕事も遊びも一生懸命」~ピエトロ、ミラノに挑む~
放送日時:12/21(日)深夜1:10~1:40
※月曜日の未明です

2014.12.17
株式会社カウテレビジョン
高橋康徳

カウテレビ成長の記録 トラックバック(0)

ミラノから近況報告

投稿日時:2014/11/14
カウテレビジョンでは、
「出会った方との御縁が永く続きますように」との願いを込めて、
かれこれ7年以上続けている取り組みがあります。

それが動画による近況報告「カウボーイタイムズ」です。
(動画ニュースレターの先駆けだと思います)

最新11月号はイタリア・ミラノからお届けしました。(2分30秒)


このカウボーイタイムズ、過去7年間で、様々な場所からお届けしてきました。
ハリウッドから、ソウルから、香港から、タイから、マカオから、
さらには、富士山頂、船上、温泉、鳥取、宇都宮など数十箇所にのぼります。

歴代カウボーイタイムズ(動画ニュースレター)


「御縁をいただいた方々との関係が、永く、続いてほしい」

カウボータイムズには、僕らのそんな想いが込められています。


動画ニュースレターのメリット

参考までに、動画ニュースレターの3大メリットを書いておきます。

①紙に比べて雰囲気や空気感が伝わりやすい
②印刷代がかからないからエコ(映像制作費は必要)
③郵送費も要らない(メールで送るので原則無料)

「価値を伝える」

を企業理念とするカウテレビジョンでは、
動画のさまざまな活用術を研究し、実践し、社会に伝えています。

「価値を伝えたい」という経営者の皆さん、ご相談はお気軽に。

【制作実績】
働く”リアル”を伝える!カウテレビジョンの採用ドキュメンタリー映像


2014.11.14
株式会社カウテレビジョン
代表取締役 高橋康徳


※ちなみに、以下が、7年前の創刊号です。(太ってます。涙)
カウボーイタイムズ創刊号(2007年8月号)

凡事徹底リスト(バージョン3)
○ 理念チェック
○ 早起き6時まで
○ 凡事チェック
☓ 体重計に乗った?・・・東京にも体重計がほしい!
○ がっちり握手
○ 上機嫌でいる
○ 刺激会う:業界日本一のFT社長
○ 家族、先祖に感謝
○ チーム、友人、お客様に感謝
○ お礼ハガキ/メール/FAX
○ 寛容の精神を心がける

カウテレビ成長の記録 トラックバック(0)

仙台のスゴイ社長たち④

投稿日時:2014/10/18
仙台ツアーの最後。

東北のインターネットテレビ局「アリティーヴィー」へ。

東北の元気を世界へ



アリティーヴィーさんとは
佐藤社長の創業前に福岡までご相談に来られたご縁で、
互いに地上波出身という出自もあって、兄弟分的な存在です。

佐藤社長(僕の右隣)は元テレビ局の制作ディレクターであり、
奥さんの浜副社長(僕の左隣)は元局アナという2人が引っ張る会社です。

東北の震災で仕事がゼロになった中での家族愛の話や、
社員さん奮闘のエピソードは思わず涙が出ました。



「アリティーヴィー」 東北のインターネットテレビ局


では、カウテレビジョンの向かう先は?

ひるがえってカウテレビジョン。
今回の東北ツアーで得たものとは何だろうか?

震災を経てなお、成長を続ける経営者たちと語り合う中、
改めて自社の存在意義を考えました。

カウテレビジョンの目指す姿とは。

それは・・・

「三方よしのテレビ局」

この創業精神だけは、100年経っても変えてはならない「存在意義」だ。

「取材する人によし」
「取材される人によし」
「視聴者によし」

で三方よし。

地上波テレビ局に勤めていた頃の20代の自分は、
事件・事故・災害・不祥事などバッド・ニュースを追う日々だった。

その中で、

取材される人に嫌な思いをさせてしまったこともあった。
視聴者(社会)を暗くするニュースも多く作っってきた。
何より、自分自身が胸を張れないニュース取材も多かった。

そんな当時の自戒の念も込めて、
「三方よしのテレビ局」を創ることが、自分の使命だと思っている。


仙台ツアー、よかった!
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

(仙台編 完結)

2014.10.19
興奮さめやらぬ東京にて
株式会社カウテレビジョン
代表取締役 高橋康徳

新・新・ 凡事徹底リスト
○ 理念チェック
○ 早起き6時まで
○ 凡事チェック
☓ 体重計に乗った?・・・東京の家にもヘルスメーター買わねば!
○ がっちり握手
○ 上機嫌でいる
○ 刺激会う:万代の店舗、アリティーヴィーの皆さん
○ 家族、先祖に感謝
○ チーム、友人、お客様に感謝
○ お礼ハガキ/メール/FAX
○ 寛容の精神を心がける

カウテレビ成長の記録 トラックバック(0)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2018年07月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

最近投稿された記事