FC2ブログ

ビンラディン殺害のニュースと10年前の違和感

投稿日時:2011/05/05
アメリカ同時多発テロから10年。
ついに、首謀者とされたウサマ・ビンラディンが殺された。
そして、アメリカ国民は歓喜・・・というニュースが報じられている。

そのニュースを見ながら僕は
10年前にあのNYで感じた「違和感」を思い出した。

当時僕はフジテレビ系列の報道記者だった。
テロが起きた数日後にNY行きを命じられ、
現地マンハッタン入りしたのはテロ後5日目だった。

WTCのあったグラウンドゼロは瓦礫の山。まだ煙が上っていた。
マンハッタン西岸に設けられた被害者救済センターも取材した。
小泉首相がグラウンドゼロを訪れた時もカメラと一緒に待ち受けた。

そんな毎日の中での、「あのニュース」だった。

テロ発生からしばらく経ち、事態が少しずつ落ち着くにつれ、
世間の関心は現場の惨状から次第に「次」へと移り始めていた。
関心が向かった先は「アメリカ政府の対応、報復か否か?」だった。

そんな中、テロから2週間が経った頃、
アメリカの大手メディアが一斉に「世論調査の結果」を発表した。

『アメリカ国民の大多数がアフガン空爆に賛成している』

3大ネットワークすべて同じ論調だった。

各局それぞれ、賛成国民の割合を「3人に2人」と言ったり、
「60何パーセント」と報じるなど、表現は若干異なっていたが
一様に「空爆容認世論」で共通していた。

そして、このニュースを聞いた僕の率直な感想は、
「マジか?」「そんなはずないやろ・・・」だった。

この違和感の真偽を確かめるべく「街頭インタビュー」を敢行した。
選んだのは「ユニオンスクエア」マンハッタン有数の観光名所。
なぜなら、そこには当時、同時多発テロの追悼施設が設けられており、
多くのニューヨーカーたちが集っている場所だからだった。

インタビューの結果、驚くべき(予想通りの?)結果が得られた。

なんと、取材に応じてくれた約20人のうち「空爆賛成」と答えたのは
わずか1人に過ぎなかったのだ。残りの人々は「反対」か、もしくは
「報復は必要だが空爆ではないのでは?」と、迷っているようだった。

大手メディアが報じた「大多数が空爆に賛成」という調査結果と
僕が聞いた「95%(20人中19人)が空爆に反対」という調査結果。

調査母数の違いがあるので、一概には言えないだろうが、
僕は今でも、あの20人の答えが真実を反映していたと信じている。

※ちなみにアメリカはこの数週間後にアフガン空爆に踏み切った。

※僕のこの現地取材の「違和感」は帰国後、当時の高木Pに報告し、
「よっしゃ!じゃあ高橋の署名番組として一本作れ」と指示が下り、
「取材ノート」というTNCのドキュメンタリー番組で放送させてもらった。
そのサブタイトルは
「激動のニューヨークで、記者高橋康徳が見たアメリカの答え」だった。


・・・あれから10年。

今回の「ビンラディン氏殺害」のニュースと
それに続く「アメリカ国民歓喜」のニュースは、
10年前とまったく同じ違和感を、僕に感じさせている。

TwitterやFacebookを見ているとその受け止め方は様々なようだ。

・NYや東海岸と西海岸では受け止め方が違う。
・ラディンは911、そして、以降のイラク、アフガニスタンの象徴。
・全米中が狂喜していたという報道は実態を映していないと思う。

そう、答えは1つではない。
要は、あなたがどう感じるか?ではないだろうか。

・・・最後に、
あの時、取材させていただいたテロで夫を亡くしたジェシカさんの言葉を
ここで紹介します。

「彼らは飢えているのよ。落とすなら爆弾ではなくパンを落とすべき。
 だって、憎しみからは、憎しみしか生まれてこないのだから・・・」


高橋康徳/株式会社カウテレビジョン

新・ 凡事徹底リスト
× 早起き6時半時まで
○ 凡事チェック
× 体重計に乗った?
× がっちり握手
○ 上機嫌でいる
○ 刺激に出会う
○ 家族、先祖に感謝
○ チーム、友人、お客様に感謝
- お礼ハガキ/メール/FAX
○ ちょっとイイトコ見つけて褒める
スポンサーサイト





あのニュースに一言 トラックバック(0)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2021年04月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近投稿された記事


 

 

 

アーカイブ