FC2ブログ

地震の後、今の私にできること

投稿日時:2011/03/14
東北・関東地方の大地震で被災した同胞日本人の皆様に、この場を借りて、つつしんでお見舞いとお悔やみを申し上げます。

次々と流れてくるニュースやネット情報を見ながら、私はこの週末ずっと、月曜日から何をすべきか?を考えていました。

通常通りの生活に戻って良いのか?被災地復興のために他にできることがあるのでは?・・・あまりにも悲惨な事実を目の当たりにして、そんな自問自答を繰り返していました。
そして今、ある想いに至ったところです。

今、私たちに求められていること。その確実で大切な1つは、被災地復興に向けて、ひいては日本全体の復興に向けて、力強く日常活動の歩みを進めることだと。

今回の震災で被害を受けなかった地域に住む私たちに、今求められることは、立ち止まり、悲嘆に暮れることではなく、自分に今できることをすること。

その基本的なものとは、経済活動を含む日常生活を滞らせずに行うことだと思うのです。そうした活動で直接的・関節的に被災地復興支援に役立つことだと思います。

節電や献血、募金といった義援活動は大切だと思いますし、私もこの週末に義援活動に参加しました。今後も継続的に行うつもりです。が、それらはまず、当人である私たちの健全な生活があってこそ意味があるのではないでしょうか。

そして付け加えると、消費者としても過度な「自粛ムード」に流されることなく、消費活動を行うことが大事だと。日本全体が活性化することを考え、行動しましょう。長い目で見ると、それが被災地復興のためになり、そして日本国の未来も創るのです。

力を合わせて日本復興の歩みを続けましょう。私も今の自分にできることを一生懸命にし続けます。

2011年3月14日
高橋康徳/カウテレビジョン
スポンサーサイト





あのニュースに一言 トラックバック(0)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2021年04月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近投稿された記事


 

 

 

アーカイブ