FC2ブログ

【秘訣】ブランド企業の「感動体質」

投稿日時:2009/06/08

「ブランド」と呼ばれる会社の共通点の1つに、
「感動体質」というものがある。
社長が、社員が、「感動を作り出す能力」に長けている会社のことだ。

◇2009年6月8日(月)◇ 晴れ

感動体質になろう

20090608002.jpg

週末のこと。ビッグ・フィールド・マネージメントの5周年パーティーに参加したところ、アニーグループの二枝社長と浦津取締役(右の写真)にお会いした。

今日はその時のエピソードをご紹介します。

アニーグループと言えば先日、COWTVに新番組がUPされたばかり。その反響の話題で3人でワイワイ盛り上がって話していた。と、急に浦津さんが、何かを思い出したように言い始めた。

「あ、そうだ!私、高橋さんにプレゼントがあるんです!」

出てきたのは、これ↓

20090608001.jpg

「あるお店で、コレ見つけて、あ、高橋さん・・・って思ったんです!可愛いでしょ?」

可愛いです。ってか、感動しました。お店で何気なく見かけた牛の人形を見て、僕らを思い出してくださったという。その心遣いが嬉しくて、ちょっと涙が出そうになった。そもそも今日このパーティーで浦津さんとお会いしたのは偶然だ。つまり、僕と会うのを予想して持ち歩いていたわけではない。それを考えただけで、その「感動メイク力」のスゴさを感じた。

ブランド企業の「感動体質」

取材やインタビューを通じて感じるのは、アニーグループという会社には、こうした、人を感動させる風土がある。それは浦津さんや二枝社長だけがやっているものではなく、社員・スタッフの多くに共通しているのだ。そして、その結果が石の癒の「リピート率80%」という驚異の数字となって現れているのだろう。感動は癖になる。受ける方も、そして、仕掛ける方も。そして、感動を提供し続けるからこそ、アニーグループは「ブランド」と呼ばれるのだろう。感動の源は、想像力。想像力を高めるには、とにかく相手に関心を持つことから、だ。正にそのお手本を見せていただいた。

浦津さん、心から感謝いたします。ありがとうございました。

(高橋康徳/カウテレビジョン)

【参考番組1】浦津由美子さん(アニーグループ)登場の番組はコチラ(ログインが必要です)

【参考資料】ブランド企業の作り方・・・「小さな会社のブランド戦略DVD」

スポンサーサイト





ビジネスの秘訣 トラックバック(0)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2021年04月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近投稿された記事


 

 

 

アーカイブ