FC2ブログ

露店に見る商売のコツ

投稿日時:2005/09/18
先々週・先週と東京で週末を過ごしたため、今日は久々の休息となりました。

福岡市東区の筥崎宮で1000年以上前から続く秋祭り「放生会(ほうじょうや)」が
開かれているというのでリフレッシュついでに行ってみました。

筥崎宮には正月にも三社参りで行ったばかり。今年2度目の参拝となりました。

・・・が、行ってビックリ。とんでもない混雑ぶりです。

スピンアウトの学生メンバーマッスンのブログにも載ってましたが、
長さ1キロの参道にビッシリ露店が連なってます。その数700!(石村萬盛堂HPより
9月12日~18日の期間中に参拝客100万人というのも納得の"超"人ごみでした。
その様子を正月の写真と比べてご覧に入れましょう。一目瞭然!

まず、正月の様子(1月2日 初詣の筥崎宮)


そして本日の様子(9月18日 放生会の筥崎宮)


ワォ!と思った方はワンクリック!続きを読む前に。

さて僕は、700の露店を見ながらビジネスのことを考えておりました。

"めっちゃ繁盛している店"と"閑古鳥が鳴いている店"。真っ二つです。
この違いは一体何から来るものなのか?
味?いや、そうじゃないはずだ・・・などと考えながら歩いていました。

そこで今夜は!高橋が放生会に見た「ビジネス繁盛のポイント」

■繁盛店は見せ方も上手い

繁盛している店の前にはお客が群がっている。
全員が買っているわけではないが「何かが気になって足を止めている」のだ。

僕が足を止めて思わず見たお店とは、

・奇妙なキャベツ千切りマシンがグルグル回ってる「お好み焼き屋」
・コイ釣りに夢中な男性客を大勢で息を飲んで見守る「コイ釣り屋」
・客寄せおばちゃんのマイクパフォーマンスが面白い「見世物小屋」
・踊りながらイカを焼く派手なパフォーマンスの「焼きイカ屋」

これら全ての店に共通すること。それは“ショーの要素”だった。
焼いたり切ったり作業するついでに「珍しいものを見せている」のだ。

たとえば、同じお好み焼きの店でも、
(A)奥まった所で単に焼いている店と、
(B)客の見える場所で職人の手つきで焼いている店
とでは客の目に留まる可能性は格段に違う。

群れたお客が新たな客を呼ぶ。そしてモノは売れ、さらに人が集まる。

売れる店は、そうした好循環を生んでいるようだ。

これは露店に限らず、僕らのビジネスにも活かせるコツだと感じた。
例えば、商品企画の過程そのものをCOWTVの番組にできないか・・・など。

普段何気なくやっている業務の中に、他人が喜ぶものはないか?
意外と珍しく、それ自体が客を呼ぶコンテンツにならないだろうか?

日常業務を見直してみると思わぬ“金の卵”が見つかるかもしれない。

ランキング発表!2ヘェオーバーならクリック!

■今日のモチマネワード
モチマネワード208:露店に見る商売のコツ

PS.おみくじは「吉」

・運勢 本業本務を守り 他に心を移すな 急進過激の行動を慎め
・願望 順調に運び悦びをみる
・商売 調子がよく利がある
・病気 大したことない 経過順調
・待人 来る
・学問 成績はよいが油断するな
・争事 絶対凶 温和に示談せよ
・相場 一時上るも後安し

大学祭ポータルTVプロジェクト
今週の1分間アンケート
ブログTOP/モチマネワード一覧へ
触るテレビ!カウテレビジョン

ワンクリックでお互いハッピー!ぜひ力を貸してください!
 ↓ ↓ ↓ ↓
最新人気ブログランキング
 ↑ ↑ ↑ ↑
皆さんのワンクリックがパワーの源!ありがとうございます。

■9/17(土)の凡事徹底リスト
× 早起き7時まで
○ 凡事チェック
○ 年間目標を読む
× 新聞(ニュース)
× ブログ書く
○ 握手&ビシッと挨拶
× 長風呂読書
○ 腹筋100回
× 人(刺激)に会う
○ 家族、先祖に感謝
○ チーム、友人、客に感謝
○ 10人にありがとう
○ 5人からありがとう
× お礼ハガキ/メール/FAX
スポンサーサイト





ビジネスの秘訣 トラックバック(0)

金の卵、いい響きですね~。
私もいつもの暮らしの中に卵を見つけられるかなぁ。
そういえば陶芸の先生が
「僕にとって失敗作でも弟子が見たらイイ見本ての多いんだ」
と言ってました。

2005/09/19 04:03 | k9

k9さん
いつも元気の出るコメントありがとうございます。
陶芸の先生の言葉、まさに今回の事例にピッタリですね。
なんだか証明されたみたいで嬉しいです。
僕も身の回りのネタをもっと探してみます。

2005/09/19 12:06 | 高橋@カウテレビジョン

臆病者の経営学

PING:
BLOG NAME
『臆病者の経営学』PHP研究所/木越和夫著
「せいわの六角知能箸」や「当選箸」「商売繁盛箸」「安産箸」などのユニークな箸の製造、
販売で有名な「箸匠せいわ」の創業者の著作です。この本は小さな会社の経営論、
商売繁盛のヒントが満載ですね。
私は本を読むとブログのネタ用に、気になったページには折り目をつけるのですが、
この本は折り目だらけになりました。
本ブログは「1日1冊」というタイトルなので1日に1冊の本を紹介していますが、
この本は今日だけで紹介を完了するには惜しい!...

2006/10/27 13:51 | no name

代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2021年04月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近投稿された記事


 

 

 

アーカイブ