香港の取材(第一期)を終えて

投稿日時:2010/09/01
カウTVの高橋です。
 
■先ほど、香港での全てのアポイントを消化し、
無事に今回の17日間の取材活動を終えました。
 
明日、福岡へ戻るのを前に、
17日間を終えた今の心境を少しだけお伝えさせて頂きます。
 
■インタビュー中に、ある方がこんな話をしてくれました。
 
「高橋君、円高や経済のことを予想するのはとても難しいよね。
だが、確実に当たる未来が1つだけある。それは日本の人口が
減るということ。2050年には9000万人以下になると言われる。
つまり、これから日本から毎年1つの県が消滅するくらいの人が
減っていくんだ。それでも日本は内需に頼っていくべきだろうか。
座して死を待つより、打って出るべきじゃないだろうか?」

■また、歌手の浜田省吾さんはかつて歌の中で、日本のことを、
「頼りなく豊かなこの国に、何を賭け何を夢見よう」と表現しましたが
我々の日本は、今、その「豊かさ」さえも失おうとしているようです。

■僕(高橋)は今、これまで余りにも無知だったと感じています。
もっと外の人々から学び、日本の未来を考え、行動を起こさないと
明るい未来を勝ち獲ることは決してできない、心から痛感しました。
 
そうした想いを抱いて、日本に戻ります。
この感情を忘れないように、ここに書かせて頂きました。

(高橋康徳/カウテレビジョン)


海外取材記録 トラックバック(0)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2010年09月 >>

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

最近投稿された記事