fc2ブログ

【検証】売れるお店、売れないお店

投稿日時:2009/02/02
こんばんは!高橋です。
今日はギリギリ遅めの時間にBLOG執筆中です。
たまには気分転換?でしょうか。

◇2009年2月2日(月)◇ 晴れ

20090202001.jpg先ほど行ってきた薬膳鍋店での話。その店は中国の薬膳鍋を出していて、ヘルシーで味も良く、お気に入りの店の1つです。そこへ田中俊輔とカウテレビの外部制作者・大塚君の3人で行って来ました。

薬膳鍋を食べながら、ふと僕が漏らした一言。

「このお店さぁ、鍋は美味しいのに、どうしてあんまり流行ってないんだろう?」

それに答えた大塚君の一言がドンピシャ的を得ていた。

「味はいいけど、店の活気がないですねぇ・・・店員さんの存在が感じられない」

なるほど確かにそうだ。料理はうまいが接客がイマイチ。店員の声に覇気オーラが感じられない。店員さんの応対が「通り一遍」なのだ。例えばドリンクオーダーの時に「カンパリにレモン絞って」と頼むと、「レモンは無いんです」と、「じゃぁ、ライムでもいいから」と言うと、「柑橘系は一切無いんです」ときた。マニュアルの逆効果?せっかくの美味しい鍋もこれじゃ台無しだ。

ビジネスの格言に、「商品三分に売り七分」とあるがまさにその通りだ。

どんなに美味しい料理を出そうと、結局は「商品」よりも「人」で売れる方が強い。商品は真似され易く、人は真似が難しい。今回のお店のケースはその典型で、薬膳鍋が気に入っている僕なのに、前回来たのは半年以上前。頻度は高くない。何か心のこもった接客で感動の1つでも経験していたら、来店頻度はもっと高いはず。それにお店を誰かに紹介してもおかしくない。

「商品三分に売り七分」

売れるお店と、売れないお店の違いって、結局こんな些細な点の積み重ねですね。

高橋康徳/カウテレビジョン

今日のモチベーションUPワード
No.632:売れるお店、売れないお店

凡事徹底リスト
 ○ 早起き6時半時まで 11コンボ
 ○ 凡事チェック
 × 新聞(ニュース)
 ○ がっちり握手
 ○ さわやか元気に挨拶
 ○ 刺激に会う:錦山亭金太夫さん
 ○ 家族、先祖に感謝
 ○ チーム、友人、客に感謝
 ○ お礼ハガキ/メール/FAX
 ○ 電話は3コール以内で出る


ビジネスの秘訣 トラックバック(0)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2009年02月 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

 

最近投稿された記事


 

 

 

アーカイブ