FC2ブログ

政治家を囲んで論争

投稿日時:2006/06/04
■今日の名言
 「会社を大きくするか、小さくするかは、
  経営者が決めることでも会社が決めることでもない。
  社会が決めてくれるのである」

  -松下幸之助(松下電器創業者)-
  BLOGランキング↑経営の真髄か!?


6月2日(金) 晴れ?


太田誠一という政治家


堀内弁護士に誘われ、政治家と会食。
中洲の小料理屋という“いかにも政治的なシチュエーション”にやや興奮。

お相手は、衆院福岡4区選出の太田誠一代議士。

太田誠一氏とは実は顔見知りだった

太田氏は当選8回を誇る国会の重鎮だが、2003年の総選挙で“女性蔑視”とも
取れる発言がきっかけとなって民主党の女性候補の前に一敗地にまみれた。
1年半の浪人後、去年9月の郵政解散選挙で小泉旋風に乗って国政復帰を果たした。

実は03年の総選挙の時、僕は報道記者として太田氏の福岡4区を担当した。
そうした縁もあり、まんざら知らない間柄でもなかったので話は早かった。

噴出、地方中小企業の嘆き!

さて、小料理屋。

福岡の経済誌フォーネットの松本社長が企画した会食で、
参加したのは大田代議士のほかは、地元の社長や弁護士など5人。
小料理屋で5人と小ぢんまりとした情報交換だった。

太田氏からの「共謀罪の民主党案丸呑みニュース」の舞台裏に始まり、
社長たちからは「銀行の貸し渋り」「教育制度の不備」「法務改革」など、
日本がが抱える“問題”についての不満が太田さんに押し寄せていた。

それら一問一問に答える大田代議士は決して口達者ではないが、
その訥々とした話しぶりは好感が持てた。(↑すみません!)


では、高橋は何を語る?

社長と政治家によるこの“論争”をじっと聞きながら、
「さて、僕は何をしゃべろうか・・・」と考えていた。

背伸びする必要はない。今僕が感じている価値観をぶつけてみよう。

最後になって「高橋さんから何かない?」とお鉢が回ってきた。

そこで僕なりに意見を述べさせてもらった。

・僕は不満よりも光を探るメディアマンでありたい

不満や不安をあおるような情報が多い時代、それらも必要だと思う反面、
社会に希望を与えるような情報だって必要だ。僕はそのベクトルでメディア活動を
切り開いていく。また、僕の人生そのものが「誰かの助けになる」ものを
追求していきたいと思っている。

・若い世代を不安視する向きもあるようだが、彼らは大丈夫だ

確かに若い世代は「ダメな点」が目立つ。が一方で彼らの「イイ点」にも
しっかり目を向けることが上の世代が行うべき一つの努力ではないだろうか。
次の世代を「ダメダメ!」ということは簡単だが、その行為自体は非生産的だ。
むしろ若い世代の感覚や考え方を理解できないオジサンたちこそ「ショボイ」と思う。

・・・などと、僕なりの意見を言わせてもらった。

それに対して、10歳以上歳の離れた社長たちからは
「高橋君はピュアだ」とか「そうは言うけど・・・」などと反論を受ける。

が、僕は至ってまじめだし、確信を持って意見したつもりだ。
その中唯一、堀内弁護士は好意的な反応だったのが嬉しかった。

たとえそれが受け入れられようと跳ねつけられようと

「信念を述べることは実に清々しいものだ」

と感じた瞬間だった。

バトルBLOGランキング←ありがとうございます!

COWTVへジャンプ!


□今日のモチマネワード
モチマネワード387:政治家を囲んで論争

何分待てますか?ネット映像

□06/02(金)の凡事徹底リスト
 × 早起き7時まで
 ○ 凡事チェック
 ○ 年間目標を読む
 × ブログを書く
 ○ 新聞(ニュース)
 ○ 握手&大声挨拶
 △ 長風呂読書:読書のみ(ウェブ進化論、リッツカールトン)
 × 腹筋100回
 ○ 人(刺激)に会う:太田誠一氏など
 ○ 家族、先祖に感謝
 ○ チーム、友人、客に感謝
 ○ 10人にありがとう
 ○ 5人からありがとう
 ○ お礼ハガキ/メール/FAX


講演(勉強会)を聴きました トラックバック(-)
代表取締役 高橋  康徳のブログ

高橋 康徳【プロフィール】

代表取締役 高橋 康徳
高橋 康徳
㈱カウテレビジョン代表取締役
【事業内容】
1. 情報発信コンサルティング
・誇大表現せず
・分かりやすく
・共感を呼ぶ
情報発信サポート事業
2. 動画制作事業
3. モチアップ早朝勉強会事業
【経歴】
広島大学(理学部化学科)卒業後、テレビ西日本(フジ系)入社。報道記者として9.11米同時多発テロのNY特派員記者を経験。テレビ局時代の8年間でニュース約3000本を取材。現在は福岡・香港を拠点としながら、世界で活躍する経営者の取材をライフワークとし、インターネットTV局「カウテレビジョン」を九州最大規模にまで育てる。国立九州大学非常勤講師も務めるなど、そのユニークな経歴から大学・企業・自治体からの講演依頼も多い。2005年福岡市ビジネスプラン大賞、2010年九州アントレプレナー(起業家)大賞など。趣味:釣り、スキー、インタビュー。
2004年 創業
2005年 カウテレビジョン開局
2007年 株式会社カウテレビジョン設立
詳細プロフィールはコチラ
【賞歴】
2010年 ニュービジネス協議会
アントレプレナー大賞
 

カレンダー

<< 2006年06月 >>

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

最近投稿された記事


 

 

 

アーカイブ